Port Viewer (TCP/UDPポート一覧チェックツール for Windows)

1. Port Viewer とは?

Port Viewer は、コンピュータ上で使用されている TCP/UDP 接続のポート情報を GUI 表示するツールです。

使用中のポート一覧を表示したり、一覧表示内の指定したポートを使用しているプロセスの情報を表示することが出来ます。プロセス情報がメインではなく、ポート情報をメインとして関連するプロセス情報を調査できる点が特徴です。

以前から↓の様に思っていたので、C# と .NET framework の勉強ついでに作成してみました。

  • Windows 上で使用中のポートを一覧表示してくれる GUI ツールが欲しい
  • プロセス一覧をタスクマネージャで見ても、svchost.exe 等だと実際には何が起動されているのか分からないため、引数まで表示してくれる GUI ツールが欲しい
  • 上記 2 つを同時に備えたツールが欲しい

2. 更新履歴/お知らせ

  • 2010/10(雑誌は2010/9/29発行です。遅くなってごめんなさい。)
    iP! 2010年11月号(晋遊舎発行)に掲載されました!
  • 2010/09(雑誌は2010/8/28発行です。遅くなってごめんなさい。)
    iP! 2010年10月号(晋遊舎発行)に掲載されました!
  • 2010/07/18
    バージョン 2.0.0.1 をリリースしました(機能的には 2.0.0.0 と変わりません)。
    • Visual Studio 2010 を使ってリビルド(リビルドしたためマイナーバージョンアップ)
    • Windows 7 での動作確認
  • 2009/08/21(雑誌は2009/7/9発行です。遅くなってごめんなさい。)
    Windows FreeSoft パーフェクトに掲載されました!
  • 2008/12
    PC Japan 2009年1月号に掲載されました!「特集1 ネットワークの基礎知識2009」のPart4にて、簡単な使い方まで書いてご紹介頂いてます(44-45ページ)。
  • 2008/09
  • 2007/09
  • 2007/03/07
    バージョン 2.0.0.0 をリリースしました。更新内容は以下の通りです。
    • Windows Server 2003 R2、Windows Vista での動作対応
    • Windows XP におけるスタイル有効化
    • ニーモニックやキーボードショートカットを追加
    • ポート一覧表示画面
      • キーボードでの Enter 入力によるプロセス情報の表示対応
      • キーボードやマウスで選択した情報のコピー対応
      • 全情報の CSV ファイル出力対応(Shift JIS)
    • プロセス情報表示画面
      • プロセス終了機能対応
      • キーボードやマウスで選択した情報のコピー対応
      • 全情報の CSV ファイル出力対応(Shift JIS)
  • 2007/02/13
    Windows 100% 2007年3月号の新着厳選フリーソフト75本に掲載されました!
  • 2007/01/20
    窓の杜様 ソフトライブラリの 「インターネット・セキュリティ」→「ネットワーク調査」に掲載されました!(実際に掲載された日付は年明けすぐだと思います。確認していませんでした。。。)
  • 2006/12/25
    バージョン 1.1.0.0 をリリースしました。ポート一覧表示のソート機能を実装しました。また、ポート一覧表示画面のタイトルバーにバージョン番号を表示する様にしました。
  • 2006/12/10
    バージョン 1.0.2.0 をリリースしました。ポート一覧表示/プロセス情報表示の失敗時に、エラーダイアログを表示して例外内容を表示する様にしました。
  • 2006/12/06
    窓の杜様の 2006/12/06 【今日のお気に入り】 に掲載されました!
  • 2006/12/06
    ポート一覧表示画面にて行をダブルクリックしてプロセス情報を表示しようとした際に、エラーダイアログが表示されてしまう(そして多分終了してしまう)不具合の報告をいただきました。WMI ( Windows Management Instrumentation ) を使ってプロセス情報を取得しているのですが、何らかの原因で WMI リポジトリに接続できなかった際に生じる例外をプログラムで処理していないために、エラー終了している様です。が、肝心の WMI リポジトリに接続できない原因が残念ながらよく分かっていません(作者の環境で再現できない)。Windows XP SP2 環境の管理者ユーザ/一般ユーザで動作を確認しています。他の環境等で不具合が起きる等の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、左メニューの”ご意見やご質問、ご感想をどうぞ”のリンク先からぜひご連絡ください。
  • 2006/12/06
    プロセス情報表示画面の表示内容についてですが、管理者権限の無いユーザで実行すると「実行ファイルパス」/「コマンドライン」を取得できません(不明と表示されます)。詳細な情報を表示したい場合は、管理者権限の有るユーザで Port Viewer を実行してください。
  • 2006/11/30
    Vector 様の ページ からダウンロードできる様になりました!

3. 環境条件/制限事項

以下の環境で動作します。

  • Microsoft .NET framework 2.0 以上をインストールした Windows XP SP2 / Windows Server 2003 R2
  • Windows Vista
  • Windows 7

SP2 を適用していない Windows XP での動作は確認していません。

管理者権限を持たないユーザで実行した場合、プロセス情報表示画面の「実行ファイルパス」/「コマンドライン」を取得できません(不明と表示されます)。

なお、現バージョンでは IPv4 のアドレスのみを対象としています。

4.ダウンロード

  • Port Viewer version 2.0.0.1 ( zip 形式 )
    ファイル:portviewer-2.0.0.1.zip
    SHA-1 チェックサム:
    acbefab4179889368f98f525e3b478faca3a9674  portviewer-2.0.0.1.zip
          

5. インストール/実行/アンインストール

  • インストール

    適当なフォルダにアーカイブファイルを展開するだけで終了です。

  • 実行

    PortViewer.exe を実行すると Port Viewer が起動します。

  • アンインストール

    展開した内容を削除するだけで終了です。レジストリは一切使用していません。

6. 操作方法

  • 使用中のネットワークポート一覧表示

    PortViewer.exe を実行すると、使用中のネットワークポート一覧画面を表示します。上下二段のリストビュー構成で上段が TCP ポート一覧、下段が UDP ポート一覧表示です。

    ネットワークポート一覧

    それぞれ、1 行に以下の内容を表示します。

    • プロセス名称
    • プロセスID
    • 自コンピュータの IPv4 アドレス
    • 自コンピュータのポート番号
    • 接続先の IPv4 アドレス( UDP の場合は表示されません )
    • 接続先のポート番号 ( UDP の場合は表示されません )
    • ポートの状態 ( UDP の場合は表示されません )

    初期状態では、自コンピュータのポート番号の昇順にソートして表示します。列ヘッダをクリックすると、その列ヘッダ内容の昇順にソートして表示します。選択列の内容が同じ場合は、左から(プロセス名称から)順に大小を判定して表示順を決定します。大小の判定は、プロセスID とポート番号については数値として、それ以外は文字列として判定します。

    画面を表示した時点での情報を表示します。リアルタイム更新はしないため、右下の「最新の情報」ボタンをクリックするか、メニューから「表示」→「最新の情報に更新」を選択して情報を更新してください。

  • ポート一覧のコピー / CSVファイル出力

    以下のいずれかにより、ポート一覧表示画面にてキーボードあるいはマウスで選択したポート情報を、クリップボードにコピーできます。本機能でコピーした内容をメモ帳や Excel 等に貼り付ける場合、Tab 区切りのテキストとして貼り付けられます。

    • 「編集」→「コピー」を選択
    • Ctrl-C

    使用している部品の都合上マウスのドラッグによる範囲選択が行いにくいです。特に Vista の場合はドラッグによる範囲選択は不可の様です。複数行を選択する場合は、以下の様にして行って下さい。

    • Ctrl を押しながらマウスで 1 行ずつクリックする
    • どれか 1 行を選択した状態にし Shift を押しながらカーソルキーの上下で範囲選択する

    また、以下のいずれかにより、TCP ポート一覧 / UDP ポート一覧の全ての情報を CSV ファイル(Shift JIS)として保存できます。

    • 「ファイル」→「全一覧をCSVファイルに出力」を選択
    • 画面右下の「全一覧をCSVファイルに出力」をクリック
    • Ctrl-S

  • プロセス情報表示

    ポート一覧表示画面にて、行を選択してダブルクリックすると、選択したポートを使用しているプロセス情報ダイアログを表示します。

    プロセス情報

    プロセスに関する以下の情報を表示します。

    • プロセス名称
    • プロセスID
    • 起動時刻(現地時刻)
    • 実行ファイルパス
    • コマンドライン
    • 説明
    • スレッド数
    • 仮想メモリサイズ(kb)
    • メモリ使用量(kb)
    • カーネルCPU時間(ms)
    • ユーザCPU時間(ms)

    画面右下の「プロセスの終了」をクリックすると、表示中のプロセスを終了させることが出来ます。安全に終了できない場合は強制終了します。システムが不安定になる等の予測できない結果になる場合がありますので、本機能は注意して使用してください。

  • プロセス情報のコピー / CSVファイル出力

    Ctrl-C により、プロセス情報表示画面にてキーボードあるいはマウスで選択したプロセス情報の項目を、クリップボードにコピーできます。本機能でコピーした内容をメモ帳や Excel 等に貼り付ける場合、Tab 区切りのテキストとして貼り付けられます。

    使用している部品の都合上マウスのドラッグによる範囲選択が行いにくいです。特に Vista の場合はドラッグによる範囲選択は不可の様です。複数行を選択する場合は、以下の様にして行って下さい。

    • Ctrl を押しながらマウスで 1 行ずつクリックする
    • どれか 1 行を選択した状態にし Shift を押しながらカーソルキーの上下で範囲選択する

    また、画面右下の「全項目をCSVファイルに出力」をクリックすることで、表示中のプロセス情報の全項目を CSV ファイル(Shift JIS)として保存できます。

  • バージョン情報表示

    メニューから「ヘルプ」→「バージョン情報」を選択すると、Port Viewer バージョン情報ダイアログを表示します。

    バージョン情報
  • 終了

    ポート一覧表示画面にて、右下の「閉じる」ボタンをクリックするか右上の×ボタンをクリックすると終了します。

    終了

8. 謝辞

こういうソフトが欲しいという一言で、Port Viewer を作るきっかけを与えて下さった Tetuhiro さんに感謝したいと思います。Tetuhiro さん、どうもありがとうございました!

9. 連絡先

著者:りょう (Ryo Ichinose)(rio_i@nifty.com
このサイトに関するご意見、ご感想は上記のアドレスまで、あるいはここからお願いします。